スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ:

キディ・グレイド BD版の誤表記について

以前生産終了との旨を受けた『キディ・グレイド Blu-ray EDITION』ですが、
昨年末頃から誤表記の修正されたバージョンが少量ながら市場に出回っているそうです。


修正されている箇所は

・外箱
・ジャケット(2枚)
・ディスク1~4

の計7点。型番(KAXA-1400)に変更はありません。


外箱の比較画像
kiddy_bd_compare


また、誤表記版は角川映画テクニカルサポートセンターに連絡をすれば無料で交換に応じて貰えます。
連絡先に関しましては以下のリンクからご確認下さい。

2009年11月27日発売『キディ・グレイド Blu-ray EDITION』表記の誤りに関するお詫びとお知らせ
 
スポンサーサイト


関連するタグ:BD GONZO キディ・グレイド

キディ・グレイド BD版について

『キディ・グレイド Blu-ray EDITION』が発売されてからまだ一週間足らずですが、
ネット通販では軒並み取り扱いを終了しており、早くも入手困難な様子。
初回限定生産品なので実店舗でも恐らく店頭在庫限りでしょう。

確か『フルメタル・パニック!』の時も似たような状態だったと記憶しています。
発売元・販売元は同じく角川書店・角川エンタテインメントでしたね。

『キディ・グレイド』に関しては来月発売の劇場版との兼ね合いからか、現在もCMが流れており、
(新規需要が見込めるかどうかはさておいて)『キディ・ガーランド』も放送中なのですから
限定生産とは言えど、もう少し余裕を持って供給しても良かったんじゃないかと感じます。


閑話休題。この『キディ・グレイド Blu-ray EDITION』は当初、
英語音声が「リニアPCM 5.1chサラウンド」だと発表されていましたが、
実際に発売さた物は「リニアPCM STEREO」だったので誤収録だと一部で話題になりました。

それに対する角川側の発表は以下の通り。

2009年11月27日発売『キディ・グレイド Blu-ray EDITION』表記の誤りに関するお詫びとお知らせ


結果的に「商品外箱BOX及びジャケット、レーベル」の誤表記という扱いで落ち着いたようですが、
英語音声での再生に支障が出るわけでもないので、致し方ない妥当な判断だと思われます。
最初にお試しで再生して以降、聞かなくなる人が大多数を占めるでしょうし。

ちなみに、米国で『キディ・グレイド』を配給しているのはFUNimation Entertainmentなので、
いずれ英語音声が5.1chで収録された米国盤BDが出る日が来るかもしれません。
(その場合、日本語字幕は間違いなく付きませんが。)


※2009年12月7日追記。
メーカーに取寄を依頼したところ、こちらの商品については生産終了との連絡を受けました。
なので、購入しようか迷っている人は今のうちに実店舗を回って確保しておいた方がいいかもしれません。




関連するタグ:BD キディ・グレイド GONZO
プロフィール

Author:寺宮
 
当ブログは2014年3月末をもって
通常更新を終了しました。

また、リンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム
何かありましたら
こちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。