スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ:

Un-Go: Complete Collection (アンゴ コンプリート・コレクション) [Blu-ray]

UN-GO コンプリート・コレクション [Blu-ray]

Un-Go: Complete Collection [Blu-ray]
発売日:2012/10/30、価格:$69.98、発売元:Sentai Filmworks、型番:SFB-UG100

・映像
コーデック:MPEG-4 AVC、解像度:1080p HD、画面比率:16x9

・音声
トラック1:DTS-HD MA 2.0ch(英語)
トラック2:DTS-HD MA 2.0ch(日本語)

・字幕(ON・OFF可)
トラック1:英語吹き替え用字幕
トラック2:英語字幕

・ディスク(50GB、2枚組)
ディスク1:第1話~第8話
ディスク2:第9話~第11話+劇場版+映像特典

・特典
UN-GOオールナイト!トークショー映像(1080p)
安吾捕物帖からUN-GOへ 坂口安吾ゆかりの地を訪ねて(1080p)
因果日記(全10回、1080p)
「少年期」フルコーラスver.(480i)
PV映像集(1080p)
因果論 別オープニング(1080p)
ノンクレジットオープニング(1080p)
ノンクレジットエンディング(1080p)
Sentaiからリリースされる作品の予告編集(1080p)

・パッケージ
トールケース1本にディスク2枚を収納

・備考
OP・EDクレジット、タイトルなどは全て日本語表記
各話終了後に1分程度の英語版スタッフロールあり
地域リージョンA


・総評
HDマスターを使用。

精細さにこそ欠けるものの、はっきりとしたコントラストで体感的には十分な解像感のある画質。
国内版BDと同一のマスターを元にしていますが、映像は若干明るめに調整されています。

平均ビットレートは約20Mbps(映像のみ)と、北米版としては標準的。
わずかにバンディングの気になる箇所があるものの、目立った破綻はなく概ね良好です。

UN-GO 北米版BD&国内版BD 第1話 ビットレート比較

国内版のビットレートはほぼ上限に近い数値なので、北米版はその半分程度ということになります。

メニューの言語設定では「英語音声」と「日本語音声&英語字幕」の2種類しか選択できませんが、
再生中に音声・字幕の切り替えが行えるため、字幕はオフにすることが可能です。

特典は公式サイトにて配信された短編アニメ「因果日記」やトークショー映像など。
「因果論 別オープニング」は「因果論特報」のノンクレジットverで、
「PV映像集」の中にも同じ物が収録されています。

この作品に興味のある方、これからこの作品に触れてみようと考えている方はどうぞ。



関連するタグ:BD SentaiFilmworks レビュー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Un-Go: Complete Coll】

Un-Go: Complete Collection [Blu-ray]発売日:2012/10/30、価格:$69.98、発売元:Sentai Filmworks、型

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺宮

Author:寺宮
 
当ブログは2014年3月末をもって
通常更新を終了しました。

また、リンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム
何かありましたら
こちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。