スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ:

Penguindrum: Collection 1 (輪るピングドラム コレクション1) [Blu-ray]

輪るピングドラム コレクション1 [Blu-ray]

Penguindrum: Collection 1 [Blu-ray]
発売日:2012/12/31、価格:$69.98、発売元:Sentai Filmworks、型番:SFB-PGD101

・映像
コーデック:MPEG-4 AVC、解像度:1080i HD、画面比率:16x9

・音声
トラック1:DTS-HD MA 2.0ch(英語)
トラック2:DTS-HD MA 2.0ch(日本語)

・字幕(ON・OFF可)
トラック1:英語吹き替え用字幕
トラック2:英語字幕

・ディスク(50GB,25GB、2枚組)
ディスク1:第1話~第9話
ディスク2:第10話~第12話+映像特典

・特典
事前番宣(全6種、1080i)
ノンクレジットオープニング(1080i)
- ノルニル
ノンクレジットエンディング(1080i)
- DEAR FUTURE
Sentaiからリリースされる作品の予告編集(1080p、1080i)

・パッケージ
トールケース1本にディスク2枚を収納

・備考
OP・EDクレジット、タイトルなどは全て日本語表記
各話終了後に1分程度の英語版スタッフロールあり
地域リージョンA


・総評
HDマスターを使用。

コントラストは高めで発色も良い、ややクッキリ系の見やすい画質。
国内版BDと同様にリテイク版ですが、1080pではなく1080iで収録されています。(ジャケットの表記は1080p)。

平均ビットレートは約17Mbps(映像のみ)と、北米版としてはやや低め。

話数単位であれば第2、3話の平均ビットレートが特に低く、約10Mbps程度(同上)で史上最低水準。
オープニングなどで明らかに破綻している箇所があり、中々厳しい状態になっています。

輪るピングドラム 北米版BD&国内版BD 第1話 ビットレート比較 (参考:第2話)

国内版も平均ビットレート自体は高くなく、北米版と同程度の話数さえありますが、安定感は国内版が圧倒的。

メニューの言語設定では「英語音声」と「日本語音声&英語字幕」の2種類しか選択できないものの、
再生中に音声・字幕の切り替えを行うことが出来るため、字幕はオフにすることが可能です。

特典はノンクレジットオープニング・エンディングに加え、
「『輪るピングドラム』放送前6週に渡って放送された事前番宣アーカイヴ」を収録。

この作品に興味があり、とりあえず見られれば問題ないという方はどうぞ。



関連するタグ:BD SentaiFilmworks レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺宮

Author:寺宮
 
当ブログは2014年3月末をもって
通常更新を終了しました。

また、リンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム
何かありましたら
こちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。